【B8】洗顔方法でこんなにも違う_アイキャッチ

洗顔方法でこんなにも違う

Pocket

皆さん、洗顔は正しく行えていますか?
自分では正しい洗顔やスキンケアを出来ているつもりでも、実は意外と落とし穴があったりする場合があります。
もう一度、正しい洗顔方法を確認してみましょう。

 

 

●正しい洗顔方法

【B8】洗顔方法でこんなにも違う_小見出し1

 

  1. よく泡立てるために、まずは手を洗います。
  2. 洗顔料を細かい泡を作るように良く泡立てます。
    洗顔料を利き手とは逆の手の平に乗せ、少し窪めて、手のひらをボウルに見立て、利き手の指先3本で水と混ぜながら良く泡立てます。泡立てネットを使うと簡単に泡が出来上がります。
  3. もちもちの泡が玉子1個分ほどの大きさまで出来たら、手と肌の間にクッションの様に泡を乗せ、まずはTゾーンや顎など、皮脂が多い部分からやさしく洗い始めます。なるべく指がお肌に触れないようにしましょう。
  4. 乾燥しがちな目元や口元などは、泡を乗せるだけで十分です。
  5. 洗顔料をぬるま湯で最低20回以上はすすぎ、洗顔料がお肌に残らないようにしましょう。
    お湯の温度は33℃~36℃くらいが理想的です。
  6. すすいだあとは、清潔なタオルで顔を押さえるようにやさしく水分を取りましょう。
  7. 洗顔後の肌から水分が蒸発する時に角層の水分が奪われるため、乾燥になりがちなので、3分以内に十分に保湿をするように心がけましょう。

脂性肌の方は、Tゾーンなど皮脂の多い部分を入念に洗いがちになってしまいますが、過剰な刺激に繋がる洗顔方法はかえってトラブルを引き起こすことがあります。皮脂を取り過ぎると、肌が乾燥するばかりでなく、外からの刺激から守ろうと、角質が厚くなり、ニキビや毛穴が目立つ様になってしまいます。
乾燥肌の方は、もともと皮脂が少ないので、乾燥がひどい時は洗顔料の使用は夜1回のみが良いでしょう。
乾燥がそれほど酷くない場合は、Tゾーンなど脂っぽい部分を中心に軽く泡をのせる程度に洗い、酸化した皮脂や夜に使った化粧品の油分のみを洗い落とすのがオススメです。
夜の間にバリア機能が回復するので、朝に洗顔をしすぎて、せっかく回復したバリア機能を低下させてしまわないように気を付けましょう。

 

 

●やってはいけない洗顔方法

【B8】洗顔方法でこんなにも違う_小見出し2

多くの方がやってしまっている間違った洗顔方法を挙げていきます。
以下のどれか1つでも当てはまった方は、洗顔方法をおさらいしましょう。

 冷水もしくは熱いお湯で洗っている

冷水で洗うことで毛穴が引き締まる感じがあるかと思いますが、これは冷水を浴びた30分程度のことで、毛穴がふさがるのではなく、急激な冷えによって縮むだけなのです。
逆に、冷水で急激に肌が冷えることで赤ら顔や乾燥の原因になることもあると言われています。
また、熱めのお湯を使うことで皮脂や汚れが落としやすくなりますが、皮脂を落とし過ぎてしまったり、お湯自体が肌への負担になったりと乾燥などの原因になることもあります。

 

 泡立てネットを使って、水を使わずに洗顔料を泡立てている

泡立てネットを使うと簡単に泡が出来上がりますよね。
しかし水が含まれていない場合、肌への摩擦を強めることもあるので注意が必要です。

 

 おでこや鼻などゴシゴシと擦るように洗っている

擦ることで摩擦が生じ、角質を傷つけ乾燥肌や敏感肌の原因になってしまうのです。
特に、目元や口元などは頬やおでこよりも皮膚が薄いので、優しく洗いましょう。

2分以上洗っている

洗顔時間の基本は1~1.5分程度で十分です。
長すぎても肌への負担や摩擦が強くなってしまい、乾燥肌や敏感肌の原因になってしまいます。

 タオルで擦るように拭いている

タオルは洗顔時よりも摩擦を与えているという事ご存知ですか?
洗顔に気を付けていてもタオルで強く擦って拭いては意味がありません。摩擦が生じ、乾燥の原因になってしまいます。

 

 1日に3回以上洗顔している

肌の脂っぽさが気になるからと言って、1日に何度も洗顔をするのは控えましょう。肌にはある程度の皮脂が必要だからです。過度な洗顔で皮脂が少なくなると、肌は乾燥しやすくなり、どうにかしようと沢山の皮脂を分泌するようになってしまいます。

ニキビができた時、いつもよりしっかり洗顔している

早くなんとかしたいと思って、いつもよりしっかり洗顔してしまう方いませんか?
ニキビができた部位には、過度な洗顔が負担となってしまうことがあります。できてしまったニキビはなるべく負担を与えないようにしましょう。

 

 

●肌別おすすめ洗顔料

【B8】洗顔方法でこんなにも違う_小見出し3

 

洗顔料を選ぶにあたって、自分の肌タイプに合った洗顔料を選ぶことが大切です。
自分の肌質が分からないという方のために簡単な確かめ方をご紹介します。肌は主に4つのタイプで分けられます。

洗顔後、何も付けずに10分程度時間をおいた肌の状態を見てみてください。

  • 肌にツッパる感触があるなら『乾燥肌』
  • 肌にツッパリがなくテカリが見えるなら『脂質肌』
  • おでこや口元などで部分的に状態が異なるなら『混合肌』
  • 特に違和感を感じなければ『普通肌』

 

  • 乾燥肌

クリームまたはバームタイプがオススメです。
汚れを落としつつも、しっかり保湿ができるものを選ぶと良いでしょう。

  • 脂性肌

スッキリすっきりと洗い上げるタイプがオススメです。
ただし乾燥が原因で皮脂が過剰分泌になっている場合もあるので保湿力も重視して選びましょう。

 

  • 混合肌

乾燥肌と脂性肌の部位が混在しているので、その時の肌の状態に合わせたケアが必要です。

 

  • 普通肌

どのタイプの洗顔料を使用しても問題ありませんが、保湿したい、スッキリしたいなどの目的に合わせて選ぶと良いでしょう。

 
いかがでしたか?
洗顔のしすぎや間違った洗顔をしていると、角質層にダメージを与え、乾燥肌や敏感肌、脂性肌、毛穴、シミなど、様々な肌トラブルの原因となります。
正しい洗顔をすることで、いつも使っている基礎化粧品の吸収率も上がるので、肌トラブルになりにくい状態を保つことが出来ます。
今日から正しいスキンケアをしていきましょう。