【B2】美容液_アイキャッチ

美容液は美肌の救世主?

Pocket

美容専門家と話をすると「大切なのは美容液」と言われるほど
スキンケアに欠かせない美容液。
化粧水、乳液、クリームの役割は分かるけど、美容液って一体何? どこがそんなにスゴイの?
お値段も高めだけど、本当に必要なの? ここでは、美容液の選び方の疑問にお答えします。

美容液の効果

 

 

美容液って何?

美容液とは、美容成分をより高濃度に配合した、ワンランク上のスキンケア用品です。
保湿、美白、リフトアップなど、様々な効果があり、
それまでのスキンケアにプラスαとして使われることが多いエッセンスです。

顔全体に使うものもあれば、目元など、部分的に効果があるものもあり、
メーカーによって様々な配合があります。

どんな効果があるの?

美容液には、美容成分を肌の角質層まで届けるという役割があります。
化粧水や乳液より、目的とする成分が高濃度で含まれているので、
ケアしたいポイントがはっきりしている人が使うのに向いています。

 

 

美容液の正しい使い方

 

化粧水、乳液・・つける順番は?

化粧水、乳液をつけてから美容液をつけている人が多いようですが、
これは大きな間違い。
乳液やクリームのような油分の多い化粧品を先につけてしまうと、肌に油膜が出来てしまい、
美容液に配合されている成分が肌に浸透しにくくなってしまうのです。

つける順番は、化粧液、美容液、乳液・クリームという順番で。
化粧水をつけないと、美容液は肌に浸透しないのだそうです。

フェイスマスクも美容液をたっぷり浸したものなので、
先に化粧水を充分につけてから使わないと効果はありませんよ。

 

 

効能別で選ぶ美容液

 


美容液は目的にあった成分を多く含んでいるものを選びましょう。
ラベルを見るとたくさんの成分が記載されていますが、
目的にあった成分が先に書かれていればいるほど、含まれている量が多く、
効果が期待できます。

保湿

保湿に効果がある成分には、
コラーゲン、ヒアルロン酸、アミノ酸、プラセンタエキスなどがあります。

美白

美白とは、シミ・ソバカスの元になるメラニンの生成を抑る、
白い肌を保つという意味です。

美白の効果がある美容液には、
トラネキサム酸、アルブチン、コウジ酸、ビタミンC誘導体、
リノール酸、プラセンタエキスなどがあります。

目元、口元のシワ

年齢による小じわ、気になりますよね。

小じわ対策用の美容液は使用したい場所によって違い、
目元に使う場合は、
セラミド、コラーゲン、グリセリン、

おでこ、ほうれい線には、
ビタミンC誘導体、レチノール、AHA、アスタキチンサンが
効果があるそうです。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

美容液は、美容成分がぎゅっと凝縮された贅沢な美容エキス。
基礎化粧品の中ではお値段も高額なので、目的にあった成分を知って、
しっかりお得にキレイになりましょう。